10月30日 小望月

ただいまの那覇の気温は24℃、天気は曇り。
2日前に初めて親知らずを抜歯しました。
歯医者だけは苦手に感じます。

当館では神託の取り次ぎの業務をこの半年を目処に立ち上げます。
私自身が神託の取り次ぎを自分のやりたかったことと気づいたこと、現代に本当の神託を復古させたいと思ったこと、世の変遷期において重大な決断を迫られるケースが増える可能性がありそれに対して強い手助けができるようにしたいと願ったことなどが事業立ち上げに至った理由です。
現在制作中のHPでは神託とはどういったものなのか、またどんなリスクがあるのかなど近年の事例やあまり公開されていない情報などを交え紹介していく予定です。

また、それに先立ち神託の取り次ぎの試験運用を始めることになりました。期間は未定ですがココナラとメルカリにて一件500円で提供を開始しています。大事な決断に迫られた際はどうぞご利用ください。

ただいま2022年虎の年に向けて、ご相談者様の目を見て対話を進めるための庵を構える準備を進めています。お金の代わりに一握りのお米で相談に向かわないといけなくなるかもしれませんが、多くの方々の手助けが出来ればと願っています。

新型コロナの流行においては疫病そのものに加え経済への影響、世の人々の生活や心身への影響などと次々に連動していく負の影響を危惧しています。各国、各自治体の舵取りにより未来に差分が生じますが、それでもなお現時点での未来の雲行きは楽観できる状態ではありません。
内観や瞑想をする度に「十年の計」「十年の足場」との言葉が頭をよぎります。